TwitterのDM(@redwiz_rz)からご相談頂ければ、オリジナルのデザインでオーダーメイドが可能です。

制作日数:3~4ヶ月程度を考慮して下さい。
急ぎで必要な場合は、事前にご相談下されば可能な限り努力します。

 

一本鞭

・先端は3回くらい、取替られますので、同じ鞭を長くお使いいただけます。
本体が壊れる事は滅多にありませんが、先端は消耗しますので、ボロボロになったら取り替えて下さい。

・鬼畜丸のような先端の革でも、使い込むと人の肌に吸い付くように柔らかくなります。先端はベンズ部分の身がしっかり詰まった牛革です。

・手染の革で作れますので、見た目に拘る事もできます。
グラデーションや手書き模様等、特徴的で個性的な鞭を作れます。
染めた革は、一点物になります。

・セール品は、仕入れ値が安っかった革を加工して鞭にしています。
革屋さんから譲って頂いている革になりますので、バリエーションは限られています。黒以外の組み合わせになる事が多いです。

 

オーダー方法

鞭のオーダーをご相談頂ける場合は、TwitterのDM(@redwiz_rz)へ、以下の5点をお伝えください。
①鞭の長さ
 一本鞭は、120cmか130cmがオススメです。
②色やデザイン
③先端(鬼畜丸orヘタレ丸)
④打撃力(弱め、高め)、鞭の重さ(軽量化、重量化)
⑤送り先(送料の計算に必要です。)

価格の目安

2021.1月の価格です。その時々で変わります。

【ヘタレ丸110cm120cm130cm140cm
セール品¥16000¥16000¥17000¥18000
黒一色¥16000¥17000¥18000¥19000
黒一色+刺色¥17000¥18000¥19000¥20000
単色の色指定¥18000¥19000¥20000¥22000
グラデ等の特殊カラー¥23000¥24000¥26000

ヘタレ丸は、先端が4枚に分かれており、鬼畜丸の3分の1くらいの打撃力です。
表面上のピリッとした痛みなので、鞭を当てられたい人が痛いのが苦手な人だったり、初心者の場合はヘタレ丸の方が良いです。
上手く先端を4枚揃えて当てた時と、4枚バラけさせて当てた時で、痛みが変わります。
4枚バラけさせて当てると音は大きいですが、威力は4枚に分散しますので、そこまで痛くありません。先端を揃えて当てると、打たれた後も痺れるような感覚が残りやすいです。主観的な感想です。
鞭痕はつきますが、内出血するほどの威力は出にくい仕様です。
しにくい仕様なだけで、強く打てばその分痛いですし、内出血することもあります。

 

【鬼畜丸】110cm120cm130cm140cm
セール品¥16000¥17000¥18000¥19000
黒一色¥17000¥18000¥19000¥20000
黒一色+刺色¥18000¥19000¥20000¥21000
単色の色指定¥19000¥20000¥21000¥23000
グラデ等の特殊カラー¥24000¥25000¥27000

鬼畜丸は、先端に厚みのある革を使用した痛い鞭です。
表面上のピリッとした痛み+中に響くような鈍痛なので、痛い方が良い人向けです。打たれた後も、”痛い”という感覚が残りやすいです。主観的な感想です。
使い込むと先端も、人肌に吸い付くような柔らかさになりますので、革の変化を楽しめます。切り取り線のような鞭痕が付き、内出血するほどの威力が出やすい仕様です。逆に弱く打つ方が難しく、テクニックが必要になります。

 

その他の鞭

【短い鞭(名前はまだ無い)】60cm70cm
セール品¥15000¥15000
グラデーション等¥20000¥20000

短い鞭は、作る際に、切り捨てる革の部分が多いため実際使う革の割には、価格が高めです。とても痛いので、力加減が必要です。スパンキング向けです。
60cmは先端に弾力のあるケインのようなもので殆ど曲がりません。
70cmは10cm長いため先端が曲がります。

革の色見本

アウトレットと書かれている革は、上記の表のセール品の価格でお作り出来ます。
下記以外の色は、革を手染して表現しています。