一本鞭(鬼畜丸R・ヘタレ丸R)

一本鞭

・先端は3回まで、取替られますので、同じ鞭を長くお使いいただけます。
先端は消耗していき、クタクタになり、成熟します。
その後、革が千切れるか割れますので、そうなったら取り替えて下さい。

・鬼畜丸のような先端の革でも、使い込むと人の肌に吸い付くように柔らかくなります。先端はベンズ部分の身がしっかり詰まった牛革です。

・革をオリジナルでグラデーションに染めているものについて。
特徴的で個性的な鞭です。染めると、斑が必ずできますので、同じものを再現することができません。一点物になります。

・革の値段が入荷時期によって変わりますので、その時々で鞭の値段も変わります。
なるべく安い時期に仕入れた革で制作しているため、かなりお買い得だと思います。

価格の目安

2022.6月の価格です。その時々で変わります。

【ヘタレ丸110cm120cm130cm140cm
セール品(真珠色、暗めのワインレッド、ミントブルー)¥16000¥16000¥17000¥18000
黒一色¥16000¥17000¥18000¥19000
黒一色+刺色¥17000¥18000¥19000¥20000
単色の色指定(下の色見本に無い色)¥18000¥19000¥20000¥22000
グラデ等の特殊カラー¥23000¥24000¥26000

ヘタレ丸は、先端が4枚に分かれており、鬼畜丸の3分の1くらいの打撃力です。
表面上のピリッとした痛みなので、鞭を当てられたい人が痛いのが苦手な人だったり、初心者の場合はヘタレ丸の方が良いです。
上手く先端を4枚揃えて当てた時と、4枚バラけさせて当てた時で、痛みが変わります。
4枚バラけさせて当てると音は大きいですが、威力は4枚に分散しますので、そこまで痛くありません。先端を揃えて当てると、打たれた後も痺れるような感覚が残りやすいです。主観的な感想です。
鞭痕はつきますが、内出血するほどの威力は出にくい仕様です。
しにくい仕様なだけで、強く打てばその分痛いですし、内出血することもあります。

 

【鬼畜丸】110cm120cm130cm140cm
セール品(真珠色、暗めのワインレッド、ミントブルー)¥16000¥17000¥18000¥19000
黒一色¥17000¥18000¥19000¥20000
黒一色+刺色¥18000¥19000¥20000¥21000
単色の色指定(下の色見本に無い色)¥19000¥20000¥21000¥23000
グラデ等の特殊カラー¥24000¥25000¥27000

鬼畜丸は、先端に厚みのある革を使用した痛い鞭です。
表面上のピリッとした痛み+中に響くような鈍痛なので、痛い方が良い人向けです。打たれた後も、”痛い”という感覚が残りやすいです。主観的な感想です。
使い込むと先端も、人肌に吸い付くような柔らかさになりますので、革の変化を楽しめます。切り取り線のような鞭痕が付き、内出血するほどの威力が出やすい仕様です。逆に弱く打つ方が難しく、テクニックが必要になります。